生活支援コーディネーターについて

高齢者が住み慣れた地域で自分らしく暮らしていけるよう、生活支援・介護予防の体制作りを
進めるのが仕事です。
具体的には以下の3つの役割を担います。


iconサービスの開発・育成
各自治体で不足している高齢者に向けたサービスを新たに発掘、開発する。
更には、生活支援の担い手となる者の育成。
iconネットワークの構築
地域包括ケアシステムを推進していくために、行政、様々な機関、地域住民等と関係を構築
していく。
こういった中で、各関係者を引き合わせるなどのコーディネート業務を行う。
iconニーズと取り組みのマッチング
各自治体に不足している高齢者向けサービスを発掘、開発する際に、適格な事業者に繋げて
いく。